老後のお金気になりますよね。

 

はぴ
公的年金の受給方法3種類をお伝えします。

 

通常の受給方法

老齢基礎年金は、原則として65歳から受けることができます。

 

老齢基礎年金の繰上げ受給

老齢基礎年金は、原則として65歳から受けることができますが、希望すれば60歳から65歳になるまでの間でも繰上げて受給できます。

繰上げ支給の老齢基礎年金を受けても特別支給の老齢厚生年金は受給できます。

繰上げ受給すると、受給額が減額されます。

繰上げ受給の請求をした時点(月単位)に応じて年金が減額され、その減額率は一生固定されます。

 繰上受給の計算式

計算式は以下の通りです。

減額率=0.5%×繰上げ請求月から65歳に達する日の前月までの月数

 

例えば60歳から受給した場合は

減額率は30パーセントになります。

 

老齢基礎年金の繰下げ受給

 

希望すれば66歳以降から、繰下げて老齢基礎年金を受けることができます。

繰下げ受給すると、繰下げ支給の請求をした時点の年齢に応じて年金額が増額されます。

その増額率は一生変わりません。

 繰下げ受給の計算式

 

増額率=65歳に達した月から繰下げ申出月の前月までに月数)×0.7

 

たとえば70歳で繰下げ受給した場合は

増額率は42パーセントになります。

 

老齢基礎年金繰下げ請求にかかる注意点6つ

 

1.繰下げできるのは、他の年金の権利が発生するまでの間です

2.66歳に達した日より後に他の年金を受ける権利ができた場合は、その年金を受ける権利ができた時点で増額率が固定されされます

3.繰下げ請求を予定している場合は、その受ける権利ができた日から1年を経過した日より後に繰下げ請求ができます。

4.老齢厚生年金と老齢基礎年金をそれぞれに繰下げ時期を選択できます

5.繰下げによる年金は、請求された月の翌月分(66歳に達した日より後に他の年金を受ける権利ができた場合は、権利が発生した月の翌月分)からの支払いとなります。

6.振替加算額は、繰下げしても増額されません。また、繰下げ待機期間中は、振替加算部分のみを受けることはできません。振替加算がある場合には、繰下げ受給するかよく検討しましょう。

 

 

知っておこう老後のお金!公的年金の受給方法3種類まとめ

 

公的年金の受給方法には、通常の受給のほかに、繰上げ受給と繰下げ受給がある。

 

繰上げ受給では年金が減額支給される。

 

繰下げ受給では年金は増額支給される。

 

老後のお金を考えるときに、年金の受給方法の検討もしておくといいですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事