親が急に倒れると困りますよね。

はぴ
親が倒れたときに備えて、受けられる介護保険サービスについて知っておきましょう。

 

介護保険で受けられるサービス

要介護認定されると、介護保険で以下の6つのサービスが受けられます。

 居宅介護支援

 

ケアプランの作成、家族の相談対応など

 

居宅サービス

 

1訪問型サービス

 

訪問介護

生活援助(掃除や洗濯、買い物や調理など)

身体介護(入浴や排せつのお世話)

訪問看護(医師の指示の下で看護師が健康確認や処置を行う)

訪問入浴介護(自宅に浴槽を持ち込み入浴介助を受ける)

訪問リハビリテーション(リハビリの専門家が訪問。自宅でリハビリを受ける)

居宅療養管理指導(医師、歯科医師、薬剤師、栄養士などが訪問。療養上の管理・指導を受ける)

定期巡回・随時対応型訪問介護看護(24時間対応型の訪問介護・訪問看護サービス)

 

2通所型サービス

 

デイサービス(食事や入浴などの支援や、心身の機能を維持・向上するためのリハビリやレクリエーションなどを行う)

デイケア(施設や病院などで、日常生活の自立のために理学療法士、作業療法士などがリハビリを行う)

認知症対応型通所介護(認知症と診断された高齢者が利用するデイサービス)

 

3短期滞在型サービス

 

ショートステイ(施設などに短期間宿泊して、食事や入浴などの支援や、心身の機能を維持・向上するためのリハビリの支援など)

 

施設サービス

 

特別養護老人ホーム(特養)

介護老人保健施設(老健)

介護療養型医療施設(20243月末に廃止予定)

介護医療院(20184月から)

 

注意

有料老人ホームは一般的に介護保険でいう施設サービスではありません。

しかし、有料老人ホームで、自治体から「特定施設入居者生活介護」の指定を受けているところは、介護サービスに介護保険が適用されます。

月額の費用もサービス内容もさまざまなので、よく調べてから利用する必要があります。

 

 

福祉用具に関するサービス

 

介護ベッド、車イスなどのレンタル(自己負担1割~3割)。

入浴・排せつ関係の福祉用具の購入費の助成(年間10万円が上限で、その13割の自己負担で購入可能)。

 

住宅改修

 

手すり、バリアフリー、トイレの改修費用に補助金が支給。

最大20万円まで。

利用者は自己負担1割~3割。

例えば20万円の改修費がかかった場合、自己負担は1割負担の場合2万円。

 

地域密着型サービス

 

認知症のグループホームなどがあります。

市区町村ごとにサービス内容が異なるので利用するときは調査が必要です。

 

親が急に倒れた!受けられる介護保険サービスは?まとめ

 

受けられる介護保険サービスの種類は6つあります。

地域によって利用できる介護保険サービスに差があるので

事前に調べましょう。

 

上手に介護保険サービスを活用できるといいですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事