親の介護で気になるのは

「要支援1」~「要介護5」までの7段階でどこで判定されるかでは?

思っていたよりも軽く認定されると、

サービスを使い過ぎて一部全額自己負担となり

費用負担が増加することがあります。

 

児玉浩子
そこで介護保険の要介護度の目安を知っておきましょう。

 

要介護認定の判定方法

どれ位、介護サービスを行う必要があるかについて、介護保険サービスの必要度の判定は、コンピュータによる一次判定と、それを原案として保健医療福祉の学識経験者が行う二次判定の二段階で行われます。

 

要支援と要介護の違い

 

要支援

 

要支援は、現在、介護の必要はないが、将来的に要介護状態になる可能性があるので、介護保険サービスの利用によって心身の状態が改善する可能性が高いと判断される状態です。

 

要介護

現在、自力だけで生活を営むのは困難で、何らかの介護を行う必要がある状態です。

 

要介護度別の状態区分

 

厚生労働省が発表している要介護度別の状態区分は以下の通りです。

平均的な状態であり、本人の状態と完全に一致しない場合があるので注意が必要です。

 

要支援1

①居室の掃除や身の回りの世話の一部に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とする。

②立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作に何らかの支えを必要とすることがある。

③排泄や食事はほとんど自分ひとりでできる。

要支援2

①見だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とする。

②立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作に何らかの支えを必要とする。

③歩行や両足での立位保持などの移動の動作に何らかの支えを必要とすることがある。

④排泄や食事はほとんど自分ひとりでできる。

要介護1

①~④は、要支援2に同じ。※

⑤問題行動や理解低下がみられることがある。

要介護2

①見だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話の全般に何らかの介助(見守りや手助け)を必要と

する。

②立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作に何らかの支えを必要とする。

③歩行や両足での立位保持などの移動の動作に何らかの支えを必要とする。

④排泄や食事に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とすることがある。

⑤問題行動や理解低下がみられることがある。

要介護3

①見だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話が自分ひとりでできない。

②立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作が自分ひとりでできない。

③歩行や両足での立位保持などの移動の動作が自分でできないことがある。

④排泄が自分ひとりでできない。

⑤いくつかの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。

 

要介護4

①見だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話がほとんどできない。

②立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作がほとんどできない。

③歩行や両足での立位保持などの移動の動作が自分ひとりではできない。

④排泄がほとんどできない。

⑤多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。

要介護5

①見だしなみや居室の掃除などの身の回りの世話がほとんどできない。

②立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作がほとんどできない。

③歩行や両足での立位保持などの移動の動作がほとんどできない。

④排泄や食事がほとんどできない。

⑤多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。

 

介護保険の要介護度めやすのまとめ

 

介護保険の要介護度には要支援1から要介護5までの7段階あります。

 

要介護度の状態区分は、平均的な状態であり、本人の状態と完全に一致しない場合があるので注意が必要です。

 

要介護度は、どのくらいの介護保険サービスが必要かの目安になります。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事