親の在宅介護では、介護者である子どもにさまざまな負担が生じます。

 

親の在宅介護での入浴介助では、

子どもが足腰を痛める可能性もあります。

 

子どもが足腰を痛めると、

親の在宅介護は難しくなってしまいます。

 

そこで、施設に通うサービスを利用し、

施設内でプロの介助のもと、

親は入浴できるので安心です。

 

児玉浩子
そこで通所サービス(ディサービス・ディケア)についてお話します。

 

通所介護(デイサービス)

 

ディサービスとは、

利用者が日中の一定時間施設に通い、

食事や入浴、機能訓練などを受ける介護保険サービスです。

 

デイサービスは、介護保険サービスで通所介護と呼ばれています。

 

デイサービスを利用する場合、

8時半ごろ送迎者で迎えに来てもらい、

夕方5時過ぎに送ってもらうことが多いようです。

 

外出するので、

親自身の気晴らしになると同時に、

在宅介護をする家族の負担を軽減することができます。

 

通所リハビリテーション(デイケア)

 

ディケアとは、

要介護者が通いでリハビリを受ける介護保険サービスです。

 

デイケアは、介護保険サービスでは、通所リハビリテーションと呼ばれます。

 

デイケアを利用する場合、

8時半ごろ送迎者で迎えに来てもらい、

夕方5時過ぎに送ってもらうことが多いようです。

 

デイケアでは、リハビリに重点を置いたサービスです。

機能の回復に重点が置かれたサービスを受けます。

 

しかし、

デイケアで食事や入浴などのサービスが

受けられないというわけではありません。

 

あくまでもリハビリテーションが主目的ではありますが、

一通りの生活介護サービスをうけることができます。

 

デイサービス同様、

外出するので、

親自身の気晴らしになると同時に、

在宅介護をする家族の負担を軽減することができます。

 

 

在宅介護の負担を減らす!デイサービスとデイケアとは?まとめ

 

ディサービス(通所介護)とディケア(通所リハビリテーション)は、日中施設に出かけて食事や入浴などのサービスを受けられます。

 

利用者である親が外出するので、親自身の気晴らしになると同時に、在宅介護をする家族の負担を軽減することができます。

 

ディサービス(通所介護)とディケア(通所リハビリテーション)を上手に活用して、在宅介護の負担を減らせるといいですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事